車を運転する時に気をつける点はいろいろとありますが、
とりわけ重要なのが残存歩行者の確認といえます。
具体的に言えば青信号が赤に変わっても渡り終えていない歩行者を指し、
運転者は常にその存在に配慮する必要があるのです。

青信号で発進する際に残存歩行者を発見したら、どんな場合でも
渡り終えるまで待たなければなりません。
歩行者でも交通ルールは守らなければなりませんが、高齢者やお子さまなどで
身体機能によっては横断歩道を制限時間内では渡り切れない方もいるからです。

もしも残存歩行者を見落として交通事故を引き起こした場合は、
ほぼ全て運転者の過失となります。
そしてそれは不意に歩行者が飛び出してきたりした場合でも、同様といえます。
そうなってからでは遅いのです。

ですから横断歩道のある信号で車を発進させる場合、まず残存歩行者がいないか確認する事が重要です。
前方はもちろん左右まで確認し、渡り切っていなかったり飛び出してくる
歩行者がいない事を確認した上で発進します。
間違っても見切り発進などはご法度です。

安全な車の走行のために気をつけたい点は数多くありますが、とりわけ残存歩行者の存在は
事故を防ぐため、そして交通弱者を守るためにも特に注意したいポイントといえます。

最近の投稿