車を所有している方にとって、寒くなる季節が近づく前に、あらかじめ準備をしておくのは、とても大切なことです。いざ降り積もってからでは、遅いこともありますので、できるだけ早め早めの冬の対策を行って、万端にしておくよう、心がけたいものです。まず、スタッドレスタイヤの交換を行いましょう。ノーマルタイヤのままでの冬道走行は、大変危険です。カーショップや、自動車整備工場などに持ち込む予定の方は、冬になったら、あらかじめお店に予約をしておいて、タイヤ交換を行うとスムーズです。天気予報で積もりそうだ、というニュースが伝えられると、タイヤを替えたい方で混み合いますので、急いで車を使いたい場合、とても困ることになります。次に、用意をしておきたいものは、スコップなどの道具です。いったん積もると、車の周辺に積もった雪かきをしないと、車を出すことができません。その際、意外と用意を忘れがちなのが、スコップやシャベル、といった道具なのです。外出をした時のために、車に積んで用意をしておくと良いでしょう。また、特に北日本を良く走行する場合は、ワイパーも傷みやすくなります。冬用のワイパーを準備して、交換しておく必要があります。

最近の投稿