自動車を運転する時に注意を向ける物と言えば道路交通標識ですが、もう一つよく見ておくべき物があります。それが信号で、青、黄、赤と変化していきますから、タイミングを合わせて、適切な運転を行うことが重要です。
ちなみに、自動車が進むことができるのは青信号ですが、この時には注意が必要です。自動車の運転中に見ておくべき大切な存在として挙げられる、歩行者や自転車が通行することがあるからです。通常、赤信号の時には、通行しないものですが、赤信号に変わる微妙なタイミングの時になって、通行する人もいます。また、完全に赤信号になっているにも関わらず、それから渡ろうとする人もいます。
つまり、自動車側が青信号だからと言って、いつでも進んで良いわけではないのです。青信号は進め、ではなく、進むことができる、と捉えておいた方が安全で良い運転ができるようになるものです。
交通事故と言うのは、油断から生じることが多くあるものです。それは、青信号の時の通行でも言えることで、信号に頼りきりになると大変危険ですので、十分注意する必要があります。
ちなみに、青信号だからと言って、どんどん前の車との間を狭めるように走っていると、横断歩道の上や建物の出入り口をふさぐようにして停止してしまうことがありますから、このへんも注意しておくべきです。gf1120107985w

最近の投稿