通常の信号機が設置されている交差点でも深夜や早朝など交通量が減る時間には点滅信号になる場合があります。この時は信号が設置されているとは言え、事実上は信号機のない交差点と変わらない事になりますので注意が必要です。特にそういった時間帯はスピードを出す車が多いので、こういう交差点で大きな事故が多く起こっているのです。
一方の信号が赤点滅の場合は交差する信号は黄色点滅であるケースが多いようです。赤は必ず一時停止が義務付けられています。黄色は徐行し注意して進む事となっており一時停止の義務はありません。しかし通常の信号における黄色は「注意」のみで泊まれるなら止まる方が良いが、止まれなければ、そのままの速度で通過しても違反にはなりません。しかし黄色点滅信号は徐行ですからスピードを落とさずに通過するのは良くない事になります。徐行とは突発的な事があっても安全に停止できる速度での通行という意味ですのでスピードを落とさずに事故を起こした場合は徐行していない事になるからです。
また、このような点滅信号の交差点で赤と黄色が交差している場合は黄色側の車に優先権があります。黄色は止まらない可能性がありますから、赤側は速く交差点に入ったとしても停止して相手の通過を待つのが定石です。gf1120209840m

最近の投稿