自動車を運転していて信号に関し、自分の身の安全を守る為に注意をする事は次があります。但し、現場の状況次第では他の事も注意をします。先ず複数車線の交差点に入った時は車線変更は厳禁です。追い越し車線から走行車線に変更すると前の車が低速等の時は追突の危険があり、走行車線から追い越し車線に変更した時は後ろから追突される危険があります。交差点を右折の場合に対向車のスピードが把握出来ずに安易に進入すると衝突の可能性があります。これは対向車のスピードを把握する事はかなり難しく、又、急にスピードを上げて来る場合もあります。踏切に信号機があり、青の場合でも前方の進行状況、例えば混雑していてノロノロ運転で踏切内に入った時に警笛が鳴るととても危険です。青の場合でも前方にスペースが出来るまで停止して待ちます。頻度は少ないですが、交差点進入前にサイレンが聞こえて来た時にも停止して待ちます。進入した為に救急車、パトカーと衝突する場合があります。時々発生した事がテレビニュースとして流れます。最後に予期が出来ない左右からの信号無視車があります。相手は意図的に行っていてスピードが出ていますのでとても危険です。先程のパトカーのサイレンが聞こえて来たら信号無視車を想定します。

最近の投稿