直噴エンジンとは

| 未分類 |

従来はディーゼルエンジンに多く採用されていた「直噴エンジン」ですが、最近ではガソリンエンジンにも採用されるようになりました。従来のエンジンでは吸気管内に燃料を噴射し、吸気管の中で燃料と空気を混ぜ合わせた後、その混合気をシリンダの中に吸入しますが、直噴エンジンはシリンダの内部に空気だけを吸入し、燃料は直接シリンダ内に噴射します。そのため、従来のエンジンに比べてエンジンの吸入時に使う力が少なくて済む上、圧縮比を高めに設定出来るため、燃費の向上に貢献しています。吸入の際に使う力が少なかったり、圧縮比を高めに設定出来ることで、使う燃料の量を減らすことが出来るためです。このように、直噴エンジンには従来のエンジンにはないメリットがあるのです。しかし、デメリットも当然あります。直噴エンジンは、高温や高圧に耐えることが出来る専用のパーツが必要となるため、エンジン全体のコストが高くなります。また、質の良くないガソリンやレギュラーガソリンを使った際に異常燃焼を起こしやすく、価格の高いハイオクエンジンの使用が推奨されるのもデメリットとして挙げられます。その他にも、シリンダ内にガソリンの燃えカスが溜まりやすく、エンジンオイルを頻繁に交換しなければなりません。

最近の投稿