エンジンは、ガソリン等の燃料を燃焼させ、そのエネルギーを利用して動力を発生させる機械のことを言います。しかしながら、大気よりも高い圧力をかけることにより燃焼室内への酸素供給量を増やすことによって燃焼効率を上げるための機械が開発されました。これが過給器です。この中の一種としてターボチャージャーやスーパーチャージャーというものがあります。ターボチャージャーというのは、過給器の中でも特に、エンジンの燃焼室内で発生した排気を利用して空気を圧縮し、それをエンジン内部の燃焼室内に送り込むことによって、より多くの酸素を届ける機構のことです。本来廃棄されるはずの排気ガスを利用している天においては非常に効率が良いと言えます。ターボチャージャーは主に船舶や発電機などに利用されています。スーパーチャージャーは、ターボチャージャーと違い、主にエンジンの出力を直接利用して、コンプレッサーを動かすことにより空気を圧縮して燃焼室内に送り込む仕組みのことを言います。スーパーチャージャーには遠心式、ルーツ式、リショルム、スクロール式、ベーン式、レシプロ式など様々な方式が存在しており、自動車には主に遠心式が用いられています。

最近の投稿