自動車に乗っていると常に他車・人・物等に衝突するリスクが存在するため、現在はそれに対しての対策がとられています。一番対策がとられやすいパーツは、自動車の前方部分についているバンパーです。

そこは自動車のパーツの中でも一番、衝突しやすい部分となっており、現在ではこの部分にぶつかったときの衝撃や振動を和らげる工夫されています。その仕組みとしては素材自体に金属よりも幾倍も柔らかい衝撃吸収素材を用いられており、それによりぶつかった時の衝撃をやわらげています。

例えば、歩行者が自動車にぶつかったケースではその素材によって衝撃自体が抑えられるため、バンパーにぶつかってもそれ自体で死傷することは少ないです。ほとんどがぶつかったことによって、勢いで道路に投げ出され、それで死傷するケースが圧倒的に多くなっています。

バンパーに使われている衝撃を吸収する素材は、以前は発泡スチロールが用いられていましたが、現在ではウレタンが用いられています。ウレタンの優れた点は劣化しにくく軽量であること、ボールの衝撃試験でも証明されているように、ボールを落としても反発することがないぐらい衝撃を吸収してしまう性質があります。

当然、バンパーにそれが使用されることで物や人に衝突しても衝撃が吸収されます。また運転者にも衝撃が伝わりにくくなり、安全が確保されやすくなっています。

 

最近の投稿