ボンネットはエンジンが車体前部にあるスペースのことです。エンジンを保護するために一枚の板で作られている特徴があります。特に真っ先に空気抵抗を受けるため昔の自動車であれば、丈夫に作る傾向にありましたが、一方で飛び出し事故や追突事故が発生した場合には、真っ先に衝撃を受ける場所になります。このため近年では安全性を高めるために衝撃吸収ボンネットが使われるようになっています。
衝撃を吸収する仕組みとしては、ボンネットの裏側の骨組みが強い衝撃によって折れ曲がるようになっています。衝撃吸収ボンネットでは、ボンネットを柔らかく作ることで衝撃を軽減して、乗員への影響を最小限に抑えることができます。またシートベルトやエアバッグを併用することで怪我の程度を軽減することができます。
一方で自動車に乗っている人を守るほかにも飛び出し事故などでぶつかったさいにも衝撃を吸収することで、相手への怪我の程度を軽減することができるメリットがあります。特に正面から衝突するさいにはボンネットに乗り上げることが多く、このさいに硬いボンネットであれば強い衝撃を受けて大きな怪我をすることになります。そのため衝撃吸収ボンネットとすることで相手へのダメージを低減させることができます。

最近の投稿