SVとは

| 未分類 |

SVとはサイドバルブ(Sidevalve)の略で、吸気バルブと排気バルブがピストンの上ではなく、シリンダーの横に並んで上向きに配置されているのが大きな特徴です。また、シリンダーヘッドが平らな形をしていることから、フラットヘッドエンジンとも呼ばれています。
4ストロークエンジンの原型とも言えるもので、構造は非常にシンプルなため、エンジン本体をコンパクトにすることができます。また、エンジン内部の駆動箇所が少ないために丈夫であること、ヘッドには点火プラグ以外の付属部品が不要で、ヘッドを外しての修繕や調整も容易なことなどが長所です。
反面、シリンダーが下側に設置されているのに対し吸気や排気のバルブが上向きに装着されているため給排気の流れが非常に悪く、エンジンの回転率や最高出力が低くなってしまうなど、効率の悪いシステムであることが最大の弱点で、現在国内ではほとんど使用されていません。
こういった欠点を解消するためにレシプロエンジンの構造はバルブをシリンダー上に構えたOHV、シリンダーヘッドに1本のカムシャフトを備えたSOHC、カムシャフトを2本備えたDOHCへと進化を遂げ、現在ではSOHCやDOHCが自動車・オートバイのエンジンの主流となりました。

最近の投稿