車の運転をするにおいて、やはり誰もが思う事は安全に そして早く、目的地に行くことではないでしょうか。
早くと安全は相反する要素がありますが、やはり人は生きてこそであり、安全に勝るものはありません。
特に雪の道路ともなると、より安全に意識を持ちハンドルとアクセルを踏む必要があります。
雪道に慣れてる地域でさえも、毎年尊い命が雪道における事故で奪われています。

雪道を運転する必要があるのであれば、事前にタイヤを雪道に対応したタイヤに交換しておくことは最低限必要なことです。
タイヤ交換しておくことでかなり、運転には余裕を持って挑むことが出来ます。
が、これだけでは不十分です。当然なから、車は運転されて動くのですから、その動かす側の運転の仕方にも大きく影響されます。そう、運転する段階では、いわゆる急ハンドル、急ブレーキ、急発進は絶対に避けなければなりません。でないと、車の制御を全く出来ず、事故で止まるのを待つしかなくなるからです。非常に危険行為となります。
雪道でもなく、通常時においてもこれら行為は、車の燃費効率や部分磨耗に対しても、悪いと言われています。
日頃の運転から、これらの様なハンドルやアクセル操作に意識して、安全と環境に配慮することで自身の安全を確保することができるのです。

最近の投稿