現在社会は自動車が無ければ成り立たない社会になっており、全国どこに行っても自動車のための信号機が設置されています。この信号機の指示に従うことで交通のトラブルを最小限にすることが目的となっています。一般的には赤黄青の3色の時差式信号機が一般的であると考えられていますが、地方によっては様々な信号機が設置されています。
都市部など交通量の多い複雑な地域ではセパレート信号と呼ばれる矢印の信号で特殊な通行の指示を出しています。この仕組みを利用することで渋滞を引き起こさない様に交通量の調整を可能にしています。一方で地方においては交通量が少ない信号に関しては感応式信号と呼ばれる信号で必要な時だけ信号が変わる仕組みが導入されています。この様な特殊な仕組みが採用されることでそれぞれの地域の交通事情の最適化を行っているのです。
この様な信号の仕組みは日本独自のものではなく、元々は海外から取り入れた仕組みです。鉄道の進行を指示する信号から始まり、1900年弾前半にはアメリカで自動信号機が開発されるに至りました。この仕組みを取り入れて発展させてきたものが現在の道路に設置されている信号機なのです。この仕組みは様々な国で共通しています。

最近の投稿