自動車のエンジンはとても高温になります。それはエンジンが爆発を繰り返して回転してパワーを生み出しているためです。
そのためエンジンは冷却しなければ高温になりすぎてオーバーヒートしてしまいパワーダウンしてしまうことになり、最悪は焼きついてしまうことにもなります。
エンジンには空冷式と水冷式がありますが、自動車のようにボンネット内にエンジンが入っているような場合は空冷では十分に冷却することができません。
そのためほとんどの自動車は水冷式となっています。水冷式の場合は安定してエンジンを冷やすことができるというメリットがあります。その役目であるのがラジエーターグリルです。
これは風を受けやすい自動車の前面部分に配置されています。ラジエーターグリルとエンジンのなかにはラジエーター液が循環しているのですラジエーターグリルで網目状になっていて空気を当てることで冷えやすくなっているため、エンジンで熱くなったラジエーター液がラジエーターグリルにて冷やされてエンジンを冷やしているのです。
ラジエーターグリルの網目は小石などにあたると壊れてしまうことがあり空気の通りが悪くなったり、液漏れなどでオーバーヒートすることにもなるため確認することです。

最近の投稿