黄信号は赤信号と同様に交差点に進入してはいけませんが、停止に急ブレーキを要する場合は交差点に進入することができます。よって、黄色点灯時に安全に停止できるのにかかわらずアクセルを踏み込んで交差点を通過すると信号無視に該当します。
しかしながら、歩行者用信号の状況次第である程度の黄色点灯になるタイミングは予測できますがブレーキを踏んで止まるかそのまま通過するかの判断は難しいものがあります。特に後続車がいる場合はブレーキの踏み方や車間距離次第で追突される恐れもあり、ただ単にブレーキを踏めばよいというものでもありません。とはいえ、ブレーキを緩やかに踏んで止まれないこともありえます。
黄信号は無理なブレーキ操作や無理な交差点進入を防止するためにありますが、無理の判断には慣れが必要となりますが、後続車の有無や車間距離に注意しておけばある程度の判断はすることができます。
後続車との距離が短い場合は強めのブレーキでも避けたほうが事故を防ぐことができます。また、黄信号に変わりそうな交差点に差し掛かった場合はアクセルからブレーキに足をかけておくことで、スムーズで余裕のあるブレーキ動作を実行できるようになります。gf1120107989w

最近の投稿