みきり発進とは、交差する別の信号が赤になったことで信号の表示が青になることを予想して発進することをいいます。交差する別の信号が赤になっているため発進しても事故にはなりにくいと考えられがちですが、このみきり発進は非常に危険な運転です。
まず、交差する別の道路から車が進入してくる可能性があります。これは、黄色信号は本来であれば停止しなければなりませんが、停止するタイミングをつかめなかったり黄色信号を進入してもよいと勘違いしている可能性があります。つまり、交差信号が赤になっていても車が交差点に進入してくることは少なくありません。
また、時差式信号機などの信号制御が特殊な交差点では別の信号が赤になったからといって自分の対面する信号がすぐ青にならないことがあります。このような交差点では歩行者用信号が青であったり、別の道路から車が進入できるような信号表示になっています。よって、それに気づかずみきり発進を行うと衝突の危険があります。
みきり発進にはこのような危険性があります。事故防止をするためにも、対面する信号の表示が完全に青になったのを確認してから、交差点に進入してくる車や歩行者がいないかどうかを確認してから発進することが大切です。

最近の投稿