皆さんは自動車を運転されますか、運転される方は自動車の仕組み、ルーツなどを御存知ですか。現在では日本の多くの過程で一家に一台、自動車を保有するようになっており、今や自動車を運転することはほとんど当たり前に近い状態です。そのため、交通渋滞は増え、自動車事故も増加傾向をたどるというデメリットもあります。自動車事故が発生するのはドライバーのわき見運転、居眠り運転、そしてあってはならないのですが、飲酒運転などが原因となっています。しかしながら自動車自身の不注意により起きている事故だけではないのも事実です。それはつまり、整備不良による自動車事故を指します。つまり、エンジントラブル、ハンドル制御の不能、そしてブレーキの故障です。ここで取り上げるブレーキの故障とはブレーキそのものの故障と、ブレーキにある負荷を続けてしまったために起きる必然的なブレーキ故障です。ドラムブレーキでは、タイヤをドラムシリンダーの開閉により、力をタイヤに伝える仕組みです。内臓されたドラムが開閉することで回転しているタイヤを止めるため、どうしても摩擦による熱が発生してしまいます。その熱が発生するとブレーキオイルに熱が伝わり、オイルタンク内で気泡が発生し危険な状態となります。

最近の投稿