DOHCとSOHCとは

| 未分類 |

車が走るために必要なエンジンの働きは、エンジンのシリンダー内をピストンが上下運動をすることで、メインの駆動軸を回転させて駆動力を得ることです。ピストンを上下するためにガソリン混合器を吸入し、爆発させて回転を得ているのです。この際シリンダー内に混合気を吸入する弁、また排出する弁が必要になります。エンジンヘッド部にこの弁を配置したものをOHV(オーバーヘッドバルブ)といい、これらの弁をタイミングよく開閉するためにカムが必要です。SOHCはエンジン上部にカムを備えたシャフトを配置し、1本のカムシャフトで部品を介してバルブを開け閉めします。対してDOHCは、吸気弁・排気弁それぞれにカムシャフトを備え、部品を介さずに直接バルブの開け閉めをするものです。カムシャフトを備えたエンジンはタイミングベルトによってバルブの開け閉めとエンジンの回転を同期させます。高速回転するエンジン内部では、当然このカムシャフトの動きも高速になりますので、故障する可能性が少ない構造が有利です。SOHDでは一旦部品を介することによって当然故障個所が増えることになりますが、バルブを直接直角に押し出す動きをするDOHCの方が故障のリスクを抑えることができます。

最近の投稿