自動車で一般的に使われるブレーキには主に2種類ありますが、車を止める力である制動力が強いといわれているタイプがディスクブレーキです。仕組みは非常に単純で、タイヤと一緒に回っている円盤(ディスク)をはさんで止める、という仕組みです。自転車に乗ったことがあれば、自転車の前輪に使われるブレーキとほぼ同じ仕組みで車も止まっています。構成するパーツとしては、ディスクのほかにディスクに直接触れて止めるためのパッド(ブレーキパッド)が2枚、パッドが格納されているキャリパーがあります。もちろんキャリパーは非常に強固に固定されています。ブレーキを操作するのは足元ですから、足で踏むブレーキペダルとパッドの間はもちろんつながっています。ほとんどの場合、ペダルの先で力を調整する機構があり、その先は油圧を用いてその力が伝えられます。もちろんペダルがひとつですから、調整機構の部分(ブレーキバランサー等)で前後、左右にその力が振り分けられます。最近ではパッドに届くまでの部分にABS(アンチロックブレーキシステム)の制御装置などは入ってきます。このような仕組みで、踏んだ力は油圧を通してキャリパーの中にある2枚のパッドを押し、ディスクをはさんで止める、というのが仕組みです。

最近の投稿