キャブレターとは

| 未分類 |

ガソリンを燃料とする予混合燃焼機関である車のエンジンではガソリンと空気を混ぜて爆発しやすい霧化の混合気(ガス)を作ります。液体であるガソリンは、気化器であるキャブレターによって気化し(霧のようなガス状態にする)、ガス状態になってシリンダーに入ります。キャブレターは、単にガソリンを気化する働きを担うだけでなく、エンジンの出力を加減する働きも担っています。水冷4サイクルエンジンに使われているキャブレターは外見上は簡単な形状ですが、内部の構造は複雑です。内部構造が複雑になっている理由は、キャブレターが、ガソリンを適量に流出させる、空気を適量に吸い込む、ガソリンと空気を混ぜて爆発しやすい霧化の混合気を作る、必要に応じて薄い混合気を作る、必要に応じて濃い混合気を作る、運転中アクセルを踏むだけで操作できるようにするといった様々な役割を担っているからです。キャブレターの基本体は以下で構成されています。燃料ポンプからのガソリンを入れるフロートチャンバー、ガソリン面とともに上がり下がりするフロート、フロートとともに上がり下がりし入り口を閉じたり開いたりする針弁、ガソリンの出口である主ノズル、ガソリンと空気を混ぜるベンチュリーと空気の流速を早めるベンチュリー。

最近の投稿