バンパーの性能と効果

| 未分類 |

車には、前と後ろに必ずバンパーと呼ばれる部品がついています。なぜかというと、車にバンパーがついていることにより、衝突事故の際、自分への事故の衝撃を減らしてくれるだけでなく、事故をうけてしまった相手にも衝撃を減らすという性能と効果があります。車での衝突事故の際の衝撃はとても大きいものです。特に大型のトラックや車であれば衝突する面積が広く、威力も大きくなってしまいます。また、衝突を理由とした事故で死亡してしまったり、後遺症が残ってしまうケースが多くあります。したがって、車についているバンパーはとても重要なものです。あってはならないことであるが、もし仮に走行中の車が歩行者をひいてしまった場合、バンパーがあるときと、ないときのうける衝撃の大きさ(量)はとても違う。怪我の状態も変わります。バンパーがあることによって、骨折や擦り傷などの軽症で済むのに、なければ車への衝撃も大きく、ひいてしまった歩行者も最悪の場合死亡してしまうというぐらい、あるのと、ないのでは違いがあります。車を運転する人、対向車の人、歩行者のすべてを事故があったときに命まで助けてくれる可能性のあるものです。取り外しをできるものもありますが、お互いのためにも、必ずつけておく必要があります。gf0110438702l

最近の投稿