乗用車のボディにいくつかのパーツに分かれています。車の前面にはボンネットと呼ばれるエンジンの蓋が付いています。
これはエンジンを収納するためのについているものでもありますが、自動車の空気抵抗なども考慮されているのです。空気抵抗は自動車の燃費にも影響してきます。できるだけスムーズに風が流れるようにその形も工夫されているのです。
ボンネットの素材としては基本的には金属で出来ています。スポーツカーなどでは軽量化のためにアルミニウムやカーボンが使用されていますが、これらも強度が考えられているのです。
それはボンネットの役割として安全性も考えられているためです。表は空気抵抗を考えた形状になっていますが、開けて裏側を見てみると強度を高めるために骨組みが取り付けられているのです。これでより強度を高めて万一の衝突時にも衝撃が分散されるように作られているのです。
しかしあまり強度が強すぎた場合、衝突する相手が万一人の場合、人は自動車の前面にあたってしまいボンネット上に跳ね上げられてしまい衝撃が強くなってしまいます。そのため衝撃吸収ボンネットというものがあり衝撃を吸収するようになっており万一の場合負傷レベルを緩和します。gf0640065860l

最近の投稿