» 2016 » 2月のブログ記事

グリルレスタイプタイプとはラジエーターグリルを持たないタイプの車のこと。ラジエーターとは放熱器のことで、自動車の場合では機関冷却器のことをさします。ラジエーターグリルとはこの冷却器がついた空気口のことです。放熱器の温度があがらないように走行中に空気を取り込む役目をもっているほか、雨やゴミが入らないようにするためについています。

スポーツカーの中にはグリルレスタイプの車も存在しています。グリルレスする事でフロント部分を低くすることができるので、シャープなデザインにしたり、車内空間を広げることができるからです。このタイプの車はグリルレスでもゴミ等が入らないよう、他の場所から空気を取り入れられる設計されています。

グリルレスタイプは車検に通らないのではないかという心配もありますが、個人の改装などではなく純正のものであればそういったことはまずありません。心配なかたは専門家に相談してみるとよいでしょう。中古車などでこのタイプを購入する場合には、信頼ができる場所で購入するとより安全に楽しむことができます。グリルの有り無しは車のイメージに大きくかかわりますので、ご自身の好みにあったものを選んでみて下さい。

クルマのフロントマスクのデザインに大きな影響を与えるものとして、ラジエーターグリルがあります。これはラジエーターに、走行中に空気を送りこんで冷やすためのもので、単なるデザインのためにあるわけではありませんが、しかしクルマの雰囲気を大きく変えるために、メーカーの中にデザインに拘りを持ってところも少なくありません。

昔から有名なのは、ドイツのBMWやイタリアのアルファロメオです。BMWのラジエーターグリルはキドニー・グリルと呼ばれています。腎臓の形に似ているから、このように呼ばれるようになったようですが、80年以上にわたって拘り続けています。また、アルファロメオのエンブレムが入った逆三角形のグリルも印象的です。国産車では最近のレクサス車がスピンドルグリルと呼ばれる、個性的なラジエーターグリルデザインを採用するようになっています。高級感があり、かつ力強さがあって、レクサスの雰囲気がいっきに変わりました。

強烈な個性を発揮するラジエーターグリルは、非常にインパクトがあるので、それが吉と出ることもあれば、凶と出る可能性もありますから、メーカーとしても難しい判断が迫られますが、国産メーカーも欧州車のように何十年も続き、それが伝統となるようなラジエーターグリルが完成してほしいものです。

自動車のエンジンはとても高温になります。それはエンジンが爆発を繰り返して回転してパワーを生み出しているためです。
そのためエンジンは冷却しなければ高温になりすぎてオーバーヒートしてしまいパワーダウンしてしまうことになり、最悪は焼きついてしまうことにもなります。
エンジンには空冷式と水冷式がありますが、自動車のようにボンネット内にエンジンが入っているような場合は空冷では十分に冷却することができません。
そのためほとんどの自動車は水冷式となっています。水冷式の場合は安定してエンジンを冷やすことができるというメリットがあります。その役目であるのがラジエーターグリルです。
これは風を受けやすい自動車の前面部分に配置されています。ラジエーターグリルとエンジンのなかにはラジエーター液が循環しているのですラジエーターグリルで網目状になっていて空気を当てることで冷えやすくなっているため、エンジンで熱くなったラジエーター液がラジエーターグリルにて冷やされてエンジンを冷やしているのです。
ラジエーターグリルの網目は小石などにあたると壊れてしまうことがあり空気の通りが悪くなったり、液漏れなどでオーバーヒートすることにもなるため確認することです。

ボンネットはエンジンが車体前部にあるスペースのことです。エンジンを保護するために一枚の板で作られている特徴があります。特に真っ先に空気抵抗を受けるため昔の自動車であれば、丈夫に作る傾向にありましたが、一方で飛び出し事故や追突事故が発生した場合には、真っ先に衝撃を受ける場所になります。このため近年では安全性を高めるために衝撃吸収ボンネットが使われるようになっています。
衝撃を吸収する仕組みとしては、ボンネットの裏側の骨組みが強い衝撃によって折れ曲がるようになっています。衝撃吸収ボンネットでは、ボンネットを柔らかく作ることで衝撃を軽減して、乗員への影響を最小限に抑えることができます。またシートベルトやエアバッグを併用することで怪我の程度を軽減することができます。
一方で自動車に乗っている人を守るほかにも飛び出し事故などでぶつかったさいにも衝撃を吸収することで、相手への怪我の程度を軽減することができるメリットがあります。特に正面から衝突するさいにはボンネットに乗り上げることが多く、このさいに硬いボンネットであれば強い衝撃を受けて大きな怪我をすることになります。そのため衝撃吸収ボンネットとすることで相手へのダメージを低減させることができます。

ボンネットとは、自動車のエンジンなどの重要部品を収納する部分の「蓋」のことです。ボンネットは車の前方から持ち上げるタイプと、フロントガラス側から持ち上げるタイプがあり、ほとんどのボンネットは金属で出来ています。車によっては、強化プラスチックやカーボン、アルミ合金なども用いられています。また、ボンネットはただ単にエンジンルームを保護するだけでなく、空気抵抗を減らして走行性能や燃費を改善したり、エンジンルームを冷却するなど、様々な役割を持っています。さらに、ボンネットは事故の際の安全面も考慮されており、ボンネットの裏側には強度と安全性を高めるための工夫が施されています。よく、事故を起こした車のボンネットが大きく曲がっているのを見かけますが、これは事故の衝撃を分散し、乗員の安全を守るためのもので、わざと折れ曲がるような設計になっているのです。そして、最近では「衝撃吸収ボンネット」と呼ばれるものも採用されています。これは、万が一の事故の際、歩行者に対する衝撃を和らげるために開発された新しいタイプのボンネットです。通常、車が歩行者に衝突すると、歩行者はボンネットに思い切り跳ね上げられてしまいます。衝撃吸収ボンネットは、歩行者が受ける衝撃を軽減することで、歩行者の負傷を低減します。gf0640255783l

乗用車のボディにいくつかのパーツに分かれています。車の前面にはボンネットと呼ばれるエンジンの蓋が付いています。
これはエンジンを収納するためのについているものでもありますが、自動車の空気抵抗なども考慮されているのです。空気抵抗は自動車の燃費にも影響してきます。できるだけスムーズに風が流れるようにその形も工夫されているのです。
ボンネットの素材としては基本的には金属で出来ています。スポーツカーなどでは軽量化のためにアルミニウムやカーボンが使用されていますが、これらも強度が考えられているのです。
それはボンネットの役割として安全性も考えられているためです。表は空気抵抗を考えた形状になっていますが、開けて裏側を見てみると強度を高めるために骨組みが取り付けられているのです。これでより強度を高めて万一の衝突時にも衝撃が分散されるように作られているのです。
しかしあまり強度が強すぎた場合、衝突する相手が万一人の場合、人は自動車の前面にあたってしまいボンネット上に跳ね上げられてしまい衝撃が強くなってしまいます。そのため衝撃吸収ボンネットというものがあり衝撃を吸収するようになっており万一の場合負傷レベルを緩和します。gf0640065860l

バンパーの性能と効果

| 未分類 |

車には、前と後ろに必ずバンパーと呼ばれる部品がついています。なぜかというと、車にバンパーがついていることにより、衝突事故の際、自分への事故の衝撃を減らしてくれるだけでなく、事故をうけてしまった相手にも衝撃を減らすという性能と効果があります。車での衝突事故の際の衝撃はとても大きいものです。特に大型のトラックや車であれば衝突する面積が広く、威力も大きくなってしまいます。また、衝突を理由とした事故で死亡してしまったり、後遺症が残ってしまうケースが多くあります。したがって、車についているバンパーはとても重要なものです。あってはならないことであるが、もし仮に走行中の車が歩行者をひいてしまった場合、バンパーがあるときと、ないときのうける衝撃の大きさ(量)はとても違う。怪我の状態も変わります。バンパーがあることによって、骨折や擦り傷などの軽症で済むのに、なければ車への衝撃も大きく、ひいてしまった歩行者も最悪の場合死亡してしまうというぐらい、あるのと、ないのでは違いがあります。車を運転する人、対向車の人、歩行者のすべてを事故があったときに命まで助けてくれる可能性のあるものです。取り外しをできるものもありますが、お互いのためにも、必ずつけておく必要があります。gf0110438702l

クルマの前後の取りつけられているバンパーには、万一衝突してしまった場合に衝撃を緩和させる役割があります。バンパーの内部には衝撃を吸収する素材が入っていて、それがクッションの役割を果します。素材に関しては、以前はスチール製のものが多かったのですが、現在はウレタン製のものが多くなりました。そのためサビによる劣化などの心配はありません。

また、機能性だけを求めると、バンパーはウレタン素材が剥き出しでも良いのですが、最近のクルマはボディと一体となるようにデザイン性も考えられていますので、ボディと同色のなり、ボディーとバンパーの境目がわからないほどきれいなクルマも多くなっています。

しかし、デザイン性を求めるあまり思わぬ弊害もあります。それはキズが付いた場合に気になってしまうということです。本来は衝撃からクルマやドライバーを守るのが目的なので、多少キズが付いても機能性が損なわれなければ気にすべきものではないはずなのに、バンパーのちょっとしたキズでも、塗装がはがれて中から黒いウレタン素材が出てきたりすると、かっこ悪く感じてしまいます。ちょっとしたキズでも、修理代には1万円以上のコストがかかりますから大変です。4967935

自動車に乗っていると常に他車・人・物等に衝突するリスクが存在するため、現在はそれに対しての対策がとられています。一番対策がとられやすいパーツは、自動車の前方部分についているバンパーです。

そこは自動車のパーツの中でも一番、衝突しやすい部分となっており、現在ではこの部分にぶつかったときの衝撃や振動を和らげる工夫されています。その仕組みとしては素材自体に金属よりも幾倍も柔らかい衝撃吸収素材を用いられており、それによりぶつかった時の衝撃をやわらげています。

例えば、歩行者が自動車にぶつかったケースではその素材によって衝撃自体が抑えられるため、バンパーにぶつかってもそれ自体で死傷することは少ないです。ほとんどがぶつかったことによって、勢いで道路に投げ出され、それで死傷するケースが圧倒的に多くなっています。

バンパーに使われている衝撃を吸収する素材は、以前は発泡スチロールが用いられていましたが、現在ではウレタンが用いられています。ウレタンの優れた点は劣化しにくく軽量であること、ボールの衝撃試験でも証明されているように、ボールを落としても反発することがないぐらい衝撃を吸収してしまう性質があります。

当然、バンパーにそれが使用されることで物や人に衝突しても衝撃が吸収されます。また運転者にも衝撃が伝わりにくくなり、安全が確保されやすくなっています。

 

車は外観の見た目をエクステリアといい外部からみえる部分のことをいいます。格好良さや高級感、スポーツ感などの印象をエクステリアで与えることができいろいろなパーツがあります。
バンパーは万一の衝突と時に衝撃を吸収する役割がありますが、最近はバンパーもよりデザイン性に凝ったものが多くなり、エアロタイプのものもあります。
サイドスカートなどもエアロタイプのものが多くなり、このエアロというものは空気の流れをスムーズにしたり、ダウンフォースといった役割もありますが、やはり格好よさということから取り付けることが多いものです。
ランプ類ではヘッドライトがあり夜間の走行には必需品であります。またポジションランプといいライトを点灯するほどでもない暗さの時に自車の存在を知らせる役割があります。ほかにブレーキランプやウィンカーなどの保安部品もエクステリアのひとつです。
足回りではホイールもデザイン性に凝ったものが多く、アルミホイールといった軽量で走行性能を高めたものがあります。またホイールはインチアップといい、純正のホイールより大径のものを装着してよりインパクトがですようにする方法もあります。
このように車にはボディをはじめとするエクステリアによって外観が変わってきます。3243618_1

最近の投稿