» 2014 » 8月のブログ記事

自動車のホイールには非常に多くの種類がありますが、主にスポークホイールとメッシュホイール、そしてディッシュホイールの三つがよく利用されています。ディッシュタイプのものは剛性に優れているのが一番の利点であり、スポークやメッシュと比べて金属が覆われた部分が多いので高速走行に向いています。さらに洗車が大変楽で、スポーク部分などがないため、基本的に表面を洗うだけで簡単に汚れを取ることができます。利点とも言いがたいですが、ブレーキを隠すこともできます。
反面、欠点もありその一つが重量です。多くの金属を使用していることにより重くなっており、燃費が悪くなります。特に街中などの加速、原則が定期的に繰り返されるようなところでは特にこの重さが欠点となります。さらに放熱性でも他のものと比べ悪くなっており、表面積が多いことでブレーキに空気が伝わりにくくなり、結果的に放熱しづらくなります。ディッシュタイプとはその名の通り英語のdish(皿)のことで、ホイールの中心部分からリムまでが皿に見えることからこのように呼ばれています。実際には多くの穴があけられていますが、これはブレーキ部分に空気を通して放熱させるためです。耐久性が非常にあることから大きな車両などに好んでつけられています。

スポークホイールとは、ホイールの中心部にあるハブから外周部分を支えているリムへ、放射線状にスポークが伸びているホイールのことを言います。自転車やオートバイをはじめ、自動車のホイールなどに使われます。種類は大きく、ソリッドスポークとワイヤースポークに分けることができます。

ちなみに、スポークではなく、円板状になってハブとリムをつなげているホイールをディスクホイールと呼びます。自動車のノーマルホイールは、たいていこのディスクホイールが用いられ、外側をキャップで覆っています。

ホイールにスポークを採用するメリットは、車輪の強度や耐久性を高めることができることや、車輪を軽くすることができること、さらにスポークの隙間から風が通るので、ブレーキの冷却性を高めることができることなどがあります。自転車やオートバイの場合は、横風を受けて転倒しないようにする効果もあります。これらのメリットから、スポーツカーのホイールによく用いられます。

また、様々なデザインを工夫することにより、見た目の付加価値を高めることもできます。そのために、スポーツ性能を高めるだけでなく、ドレスアップアイテムとしても人気が高いホイールとなっています。

車の重要なパーツの一つがホイールです。
ホイールの役割はすべり摩擦よりも強い力が働く転がり摩擦を利用してタイヤやチューブも含めた車輪を回転して車を走行させることです。
ホイールの選択によって車の走行性能が変化することが多々あると同時に、車のデザイン性を決める要素にもなります。
メッシュホイールとは、ホイールの一種であり、多くの細いスポークが網のように並んだデザインを採用しているホイールです。
エレガントさを出すのに適しており、高級セダンなどの高級車に使われるケースが多いです。
ホイールは車輪の直径によって車高や雰囲気が変わってくるので、ドライバーが普段乗っている車に応じて車に適したホイールを選択することが大切です。
車にはセダンや四輪駆動など色々なタイプがありますが、ホイールは専用の物を選択しないと合わないことも多々あります。
自動車メーカーによっても適合するホイールは変わってくるので注意が必要であり、車本来の性能や雰囲気を大切にしたいと考えている場合はメーカー系列のディーラーなどでホイールを購入すると良いでしょう。
また、メッシュタイプのホイールは他のタイプの物に比べて、デザイン性が高い製品が数多くある為、ドレスアップ目的でメッシュタイプのホイールを導入する人もいます。

皆さんは自動車を運転されますか、運転される方は自動車の仕組み、ルーツなどを御存知ですか。現在では日本の多くの過程で一家に一台、自動車を保有するようになっており、今や自動車を運転することはほとんど当たり前に近い状態です。そのため、交通渋滞は増え、自動車事故も増加傾向をたどるというデメリットもあります。自動車事故が発生するのはドライバーのわき見運転、居眠り運転、そしてあってはならないのですが、飲酒運転などが原因となっています。しかしながら自動車自身の不注意により起きている事故だけではないのも事実です。それはつまり、整備不良による自動車事故を指します。つまり、エンジントラブル、ハンドル制御の不能、そしてブレーキの故障です。ここで取り上げるブレーキの故障とはブレーキそのものの故障と、ブレーキにある負荷を続けてしまったために起きる必然的なブレーキ故障です。ドラムブレーキでは、タイヤをドラムシリンダーの開閉により、力をタイヤに伝える仕組みです。内臓されたドラムが開閉することで回転しているタイヤを止めるため、どうしても摩擦による熱が発生してしまいます。その熱が発生するとブレーキオイルに熱が伝わり、オイルタンク内で気泡が発生し危険な状態となります。

自動車で一般的に使われるブレーキには主に2種類ありますが、車を止める力である制動力が強いといわれているタイプがディスクブレーキです。仕組みは非常に単純で、タイヤと一緒に回っている円盤(ディスク)をはさんで止める、という仕組みです。自転車に乗ったことがあれば、自転車の前輪に使われるブレーキとほぼ同じ仕組みで車も止まっています。構成するパーツとしては、ディスクのほかにディスクに直接触れて止めるためのパッド(ブレーキパッド)が2枚、パッドが格納されているキャリパーがあります。もちろんキャリパーは非常に強固に固定されています。ブレーキを操作するのは足元ですから、足で踏むブレーキペダルとパッドの間はもちろんつながっています。ほとんどの場合、ペダルの先で力を調整する機構があり、その先は油圧を用いてその力が伝えられます。もちろんペダルがひとつですから、調整機構の部分(ブレーキバランサー等)で前後、左右にその力が振り分けられます。最近ではパッドに届くまでの部分にABS(アンチロックブレーキシステム)の制御装置などは入ってきます。このような仕組みで、踏んだ力は油圧を通してキャリパーの中にある2枚のパッドを押し、ディスクをはさんで止める、というのが仕組みです。

af9920042558lエンジンブレーキとは、そのようなブレーキが特別に装備されているということではありません。ご存知の通りエンジンは多くの金属部品が精密に組み合わされて構成された機械です。さらにエンジンからトランスミッションを通して駆動力がタイヤに伝わりますが、この過程でも多くのギアが精密に組み合わされています。こうした多くの金属部品の組み合わせがあるからこそ、しっかりと駆動力がタイヤに伝わるのですが、同時にこれらは大きな抵抗力を発生するのです。アクセルを踏んでいた足を緩めたとたんに車が減速を開始するのは、トランスミッションのギアやエンジンのピストンが大きな抵抗力となり車のスピードを減じるのです。これがブレーキになるのです。フットブレーキを多用すると、ブレーキディスクやブレーキドラムに熱が発生しブレーキの利きが低下します。こうした危険を回避し安全にスピードをコントローするするためにアクセルを緩めることあるいはギアをダウンすることでブレーキの役割を果たさせるのです。これを上手に操ることができるようになれば、アップダウンやタイトなコーナーが連続する峠道などでの自動車の運転がとても楽しく感じられるようになります。

af0100007666l皆さんは自動車を運転されますか、また自動車を運転される方は自動車のそれぞれの機能についてご存知ですか、また自分である程度の安全点検や整備をすることは出来ますか。今や自動車は一家に一台ということが当たり前になっている自動車社会です。そのため、自動車の運転免許を取得することも半ば常識のようになってきました。そのため、都市部では交通渋滞が急激に増え、それに伴って交通事故も発生するようになって来ました。交通事故の原因は様々あると思います。運転者本人によるわき見運転や居眠り運転、スピード違反、そしてあってはなりませんが、飲酒運転などです。しかし、これら人為的な不注意や判断ミス以外にも整備不良や自動車機能についての知識が欠如していたために起こる事故も多く発生していることも忘れてはいけません。例えばブレーキ機能についてエンジンブレーキ、フットブレーキ、パーキングブレーキなど様々な機能の基本性能と特性を理解しておく必要があります。オートマチック車の場合、このブレーキ機能がマニュアル車にはない固定型のブレーキとなり運転者の安全を守ってくれます。フットブレーキやサイドブレーキにはない機能で最終的にタイヤそのものを止めてくれます。

af0060020114m自動車の運転時にブレーキを用いるのは、停止する、減速する、が目的です。そしてブレーキには、足踏み式ブレーキと手動式ブレーキとがあります。前者は、アクセルペダルに隣接するブレーキペダルを足で踏むことによって操作するブレーキです。後者は、右ハンドル車においては運転者の左側にレバーが設置されているか、足下の最も左側にペダルとして用意されているかのどちらかです。前者は走行中に、後者は停車時に用いられます。

分かりやすく前者をフットブレーキと呼ぶことにしましょう。運転中に停止・減速を目的として高頻度に使われるブレーキです。ごくごく単純化すると、タイヤに対して強制的に摩擦力などで押さえ込んで停止・減速させます。ディスクブレーキなどがこれに当たります。強力に働きますので、まさかのときの急ブレーキなどでも使えますが、かえって車の体勢を崩したり方向のコントロールを逸することもあります。また初心者にありがちなことですが、長い坂道を下るときに用いすぎるとベーパーロック現象を引き起こしてブレーキが効かなくなるので注意します。このような時にはギヤをシフトチェンジして低速にし、エンジンブレーキを効かせるのがコツであり、安全な方法です。こちらはタイヤに働きかけるのではなくエンジンに働きかけて回転数を落として減速する仕組みです。これらのブレーキを使い分けるのが上手な運転・安全な運転を行うコツです。なおペダルを踏んでブレーキをかけると車体後部のブレーキランプが灯るので、後続車に対し減速・停止の意思表示を伝えられますが、エンジンブレーキやサイドブレーキの場合はブレーキランプは灯りません。

af0060019988m自動車で使われているブレーキは現在、主に2種類しか存在していません。ドラムとディスクと呼ばれるものがそれで、一般的にはディスクの方が車を止める力、制動力が強いといわれています。従って、重い車や強制動力が必要とされる車スポーツカーなどではディスクタイプが多用される傾向にあります。ただし、ディスクの方が高額であるため、どのタイプが採用されるかは車のグレードや価格によっても左右される傾向があります。それぞれの仕組みは自転車の前輪と後輪とほぼ同じで、前輪のような回転する円盤を両側から挟んで止めるタイプがディスク、後輪のタイプがドラムです。ドラムは外側から見えにくいためその仕組みが理解しにくいですが、内部では回転するドラムのまわりにシューと呼ばれるひも状になったものが配置されており、このシューを締めることでドラムを挟んで止めるという仕組みです。車を止める場合、前に傾きますがこれは止めようとする力によって重量配分が変わるためで、前輪の方が負担が大きくなります。ですので、前輪側に制動力の強いディスク、後輪はドラムというようにその役割を分散させている例も多く見受けられます。自転車ではワイヤーでその力を伝えていますが、自動車では油圧を用いてその力を伝えています。

最近の投稿